鼻水吸引器は、赤ちゃんや幼児など、自分で鼻水をかむことができない場合、自宅で手軽に吸引することができる便利な機械です。鼻水吸引器には、手動タイプと電動タイプがあり、手動タイプは親が口で吸引するため、手軽に吸引でき価格も安いというメリットがあります。一方、電動鼻水吸引器は、手動では難しかった粘り気のある鼻水も吸引することができ、ウイルスに感染してしまうリスクも抑えることができるというメリットがあります。ただ、電動鼻水吸引器は、大型になってしまい携帯には不向きとなりますし、費用も高額になってしまうというデメリットもありますから、使用する頻度や用途に応じて選ぶとよいでしょう。子供の数が多かったり、花粉症や副鼻腔炎で頻繁に吸引が必要な場合には、電動タイプがおすすめです。

手動と電動のメリットとデメリット

鼻水吸引器には手動タイプと電動タイプがありますが、どちらを選べばよいのか迷っている人も多いはずです。手動タイプは、口で吸引するだけと手軽に使用できますから、軽度な鼻水などには有効な方法です。ドラッグストアや薬局などでも販売されていますし、価格も1000円程度と安いので購入しやすいメリットがあります。ただ、黄色い粘り気のあるような鼻水は口ではなかなか吸うことが難しく、子供も吸引を嫌がってしまう原因にもなってしまいます。一方、電動タイプは、吸引力も強く鼻の奥にある粘り気のある鼻水も簡単に吸い取ることができ、耳鼻科に行く回数も減らすことができます。また、こまめに吸引してあげることで、風邪の治りも早くなり中耳炎や副鼻腔炎を悪化させるリスクも下げることができます。

電動鼻水吸引器のメリットと選び方

電動鼻水吸引器と一言でいっても、さまざまな種類があります。携帯に便利なハンディタイプもあれば、耳鼻科で使用されているような大型の据え置きタイプまでさまざまです。ハンディタイプは、乾電池で動きますから、外出時にも使用できるというメリットがありますが、据え置きタイプに比べるとパワーが劣るというデメリットがあります。一方、据え置きタイプは場所をとって高額というデメリットはありますが、吸引力を調整することができるものも多く、赤ちゃんから大人まで幅広く使用することができるというメリットがあります。頻繁に耳鼻科で吸引してもらっているという場合には、据え置きタイプを購入しておけば、手軽に自宅で吸引することができますし、花粉症や副鼻腔炎などで鼻水に悩まされている人にもおすすめです。

子育てで忙しいママさんとお子様のお悩みを解決できるメルシーポット。是非ご利用くださいませ。 ママさんから多くの支持を頂いている人気No.1の商品です。 お買い求めいただいたお客様には、透明ロングシリコンノズルの「ボンジュールプラス」をプレゼントしております。 ご自宅で簡単に行えます。是非一度お試しくださいませ。 電動鼻水吸引器をお求めの方へ